公認心理師による
心理カウンセリング

公認心理師ご挨拶

公認心理師25歳の時に心理カウンセリングを学び始め、心の理論を知ることで、自分自身のことがずいぶんと理解でき、家族との関係が穏やかで心地よいものへと変化していきました。それから20年以上が経過し、今も心理の学び、自分のメインテナンスのためにカウンセリングを受けることを継続しています。
私のような心理の世界にいる人間でなくとも、多くの人に自身の心のお手入れとしてカウンセリングを気軽に活用してもらえると、大人も子どもも、もっと毎日を活き活きと過ごせるのではないかと期待しています。
自分を知り人の心の取り扱い方法を知ることで、人はより健康で幸せになれると私は心底信じています。

(社)メンタルヘルス協会 上級カウンセラー
(株)メンタルサポート研究所 
認定講師・カウンセラー
NPO法人イージェイネット理事 
NPO法人こころサポート執行顧問

これまでのカウンセリング実績

2009年よりカウンセラーとしての活動を開始し、今までに500名以上のクライアントの支援を行う。
9割以上のクライアントに好評価を得ている。

対象とする症状

  • 自律神経失調症
  • 心身症
  • PMS
  • 更年期障害
  • 職場での人間関係の問題
    (パワハラ、モラハラ等を含む)
  • パートナーとの問題(DV含む)等

こんな人におすすめ

自分のことが好きじゃない、自分に自信がない、やる気がない、やりたいことがわからないなど自分の性格の問題が気になる方もどうぞご相談ください。

具体例・・・

・PMSの症状が5回のセッションで改善。(20代女性)
・自分を責めてばかりいたが6回のセッションで自分ばかりがわるいのではないことが腑に落ちた。(40代女性)
・10年以上繰り返していた自律神経失調症の症状が10回のセッションでなくなった。
(40代女性)

カウンセリングの方法

CLINICSを使用し、クレジットカード決済いたします。

予約方法

メールまたはLINEにてお問い合わせください

Mail :are.you.growing.up@gmail.com

LINE : @ezl6200p

費用

ワンセッション60分
13,000円(税込)

公認心理師による
心理カウンセリング

当院では、公認心理師によるカウンセリングを行っています。公認心理師とは日本の心理職唯一の国家資格です。「心理に関する支援を要する者の心理状態の観察・分析」「心理に関する支援を要する者との心理相談による助言・指導」「心理に関する支援を要する者の関係者との心理相談による助言・指導」「メンタルヘルスの知識普及のための教育・情報提供」を行います。

公認心理師による
カウンセリングを勧める理由

月経前症候群(PMS)、更年期症候群、自律神経失調症などの症状で当院を受診される方は日々多くいらっしゃいます。そのうち当院処方の漢方薬や低用量ピルが効くひともいますが、中には漢方薬や低用量ピルだけでは症状がコントロールしきれない場合、他院心療内科や精神科の併診を勧めることもあります。その際に心療内科や精神科では向精神薬や抗不安薬を処方されますが、当院でのカウンセリングがうまくまわるとこのお薬の量を減らすことができる可能性もあります。とくに自分のことを客観的に見つめることのできる方は2~3回のカウンセリングで良い結果を出すことが可能です。
当院のカウンセリングは、職場の人間関係の悩み、DVやモラハラなど家庭内の悩みなどにも対応します。
ぜひご利用ください。

TOPへ戻る
tel.06-6125-1250 ピル・レーザー専用 tel.06-6271-5576 WEB予約 WEB問診