ピル専門外来

ピル専門外来

大阪ピル専門外来ピルは女性に起こるさまざまなお悩みや症状を軽減できるお薬です。例えば避妊(毎日)、緊急避妊、生理日移動、生理痛などに効果を発揮します。
避妊

低用量ピル(低容量ピル)の働きは排卵を抑制するだけではなく、子宮頸管の粘液を変化することで精子が子宮に入りにくくさせたり、子宮内膜を薄くすることで受精卵が着床しにくくするなどと様々な作用で妊娠を防ぐことが可能です。

緊急避妊

緊急避妊は、1回法と2回法があります。
1回法では1回服用で完了です。2回法では1回目を服用して、その後12時間後に2回目を服用していただきます。
避妊に失敗してから72時間以内と言われていますがなるべく早くご来院ください。

予防

ピルには女性特有の病気を予防する効果もあります。たとえば、卵巣がんや子宮頸がんです。また月経痛が軽くなる、生理の周期が安定するなどにより貧血が改善されるなどメリットがあります。子宮内膜症や子宮筋腫の治療にも処方する場合があります。

生理不順

月経痛が和らぐ、月経量が少なくなる、月経周期が規則正しくなる、月経時期をずらすことなどが可能です。

月経前症候群(PMS)

生理痛、いらいら、腹痛、頭痛、だるさなど月経前の憂鬱な症状を軽減します。

肌荒れ

ホルモンバランスの乱れが肌に影響することがあります。ホルモンバランスの改善のためにピルを服用することで、にきびや吹き出物などの肌荒れにも効果が期待できます。

ピルの種類
(詳しく知りたい方向け)

エストロゲン、黄体ホルモンをあわせて女性ホルモンといいます。 成分から見たピルには2種類あります。
1錠の中にエストロゲンと黄体ホルモン両方を含むピル(OC/LEP)と黄体ホルモンだけのピル(POP)です。いずれのピルも基本的には実薬を飲み続ける限り生理は来ません。

エストロゲン+黄体ホルモン
を含むピル

OC/LEPには含まれるエストロゲンホルモン(エストラジオール)の量により、高用量、中用量、低用量、超低用量があります。低用量ピルと超低用量ピルをあわせてOC/LEPといいます。黄体ホルモンだけでは不正出血を起こしやすいのでピルにはエストロゲンを配合していますが、エストロゲンには血栓症や乳がんなどのリスクがあるためピルの効果を保ったままエストロゲン量を減らす研究がされてきました。

高用量ピル

エストロゲン50μg以上。副作用の面から現在ほとんど使われていません。

中用量ピル

エストロゲン50μg。

目的

月経移動(商品名プラノバールなど)。

低用量ピル

エストロゲン50μg以下
(30μg~35μg)。

目的

月経困難症や子宮内膜症の治療(商品名フリウェルLD、ルナベルLD)、避妊(マーベロン、ファヴォワール、アンジュ、ラベルフィーユ)。

超低用量ピル

エストロゲン30μg以下(20μg)。低用量ピルよりエストロゲン量をさらに少なくして副作用を軽減したもの。

目的

月経困難症などの治療(フリウェルULD、ルナベルULD、ヤーズ、ジェミーナ、マーシロン、ドロエチ)。

第1世代~第4世代ピル

低用量ピルはすべて同じ1種類のエストロゲン(エストラジオール)を含みますが、黄体ホルモンの種類と開発順により4世代(4種類)に分けられます。

ノルエチステロン
(第1世代ピル)

フリウェルLD・ルナベル(LD/ULD)

フリウェルはルナベルのジェネリックです。

LDとULDの違い

エストロゲン(エストラジオール)の量の違いです。
LD=エストラジオール35μg、ULD=エストラジオール25μg

メリット

フリウェルは、健康保険適応のピルの中ではもっとも価格が安いです。

レボノルゲストレル
(第2世代ピル)

アンジュ(自費)、ラベルフィーユ(自費)、ジェミーナ(健康保険)

アンジュ、ラベルフィーユは同じ成分で製造会社が異なります。

特徴

アンジュ、ラベルフィーユは3相性ピルと呼ばれ、1ヶ月サイクルでホルモン量を3段階に増減して女性の生理的なホルモンの動きに合わせています。
アンドロゲン作用が第1世代より強いのでにきびが出る人がいます。

メリット

ピル内服中の不正出血が少ないのが特徴です。ジェミーナは1相性ピルと呼ばれすべての錠剤のホルモン含有量が一定の超低用量ピルです。月経困難症(生理痛)などに処方されます。

デソゲストレル
(第3世代ピル)

マーベロン(自費)、ファボワール
(マーベロンのジェネリック、自費)
メリット

にきびに効きます。

ドロスピレノン
(第4世代ピル)

ヤーズ(健康保険)、
ヤーズフレックス(健康保険)

ヤーズは超低用量ピルです。1シートは24錠の実薬と4錠の偽薬から成り立っています。

メリット
  1. 抗ミネラルコルチコイド作用があり「むくみにくい」ピルといわれています。
  2. 休薬期間が4日間と短く(他のピルは休薬期間が7日間)、ホルモンの減少が少ないため、下腹部痛や頭痛などが少ないです。
  3. 米国ではPMDD(PMS)に対して効果を認められています。
    とはいえ、あくまでも個人差があり患者さんに服用していただくと必ずしも報告通りではないようです。
    ヤーズフレックスはヤーズ1シート28錠すべてが実薬から成るもので実薬成分はヤーズと同じです。
    最長120日休薬なしで飲み続けることでつらい月経の回数を減らすことを目的にしています。

黄体ホルモンだけの
ピル(ミニピル)

ミニピル(POP)

黄体ホルモン(デソゲストレル=第3世代のプロゲスチン*)だけから成るホルモン。
年齢、高血圧、肥満など血栓症リスクのあるためエストロゲン入りのピルが使えない人に処方します。
当院処方のPOPはセラゼッタ(自費)です。
*プロゲスチンとは人工的に合成された黄体ホルモン作用をもつ物質

新しい黄体ホルモン
(ジエノゲスト)

ジエノゲスト
商品名:ディナゲスト(健康保険)

新しいプロゲスチンでアンドロゲン作用がありません。子宮内膜増殖をおさえる強力な作用と抗アンドロゲン作用が特徴です。月経困難症(生理痛)や子宮内膜症、子宮腺筋症の治療につよい味方になっています。

 

ピルの料金

※表示価格は全て税込み価格です。
オンライン診療が可能です。
テレビ電話再診、ピルの指定先住所への郵送。

<取扱い低用量ピル(OC)>
  • マーベロン28
  • アンジュ28
  • ファボワール
  • ラベルフィール28
<取扱いミニピル>
  • セラゼッタ28

取り扱いピル料金

項目 料金(税込)
初回料 1,100円(初回の
カウンセリング料込)
低用量ピル ・ファボワール28・ラベルフィーユ28 1シート2,420円(2回目以降は
再診料込)
低用量ピル ・マーベロン28・アンジュ28 1シート2,640円(2回目以降は
再診料込)
ミニピル セラゼッタ 1シート3,500円(2回目以降は
再診料込)
月経移動
(生理の日程を移動します)
2,640円~(カウンセリング込)

※当院処方のピルに関して看護師によるホットライン電話相談料は無料です。

緊急避妊ピルの料金

項目 料金(税込)
ヤッペ法
(プラノバール、2回服用)
(2回分)5,500円
レボノルゲストレル錠 1.5mg
(日本製、1回服用)
8,800円
NORLEVO錠 1.5mg
海外製、1回服用
8,000円

※診察料を含みます。その他の緊急ピルもご用意しておりますのでご相談下さい。
緊急避妊ピルと同時に低用量ピルも購入していただく場合があります。
緊急避妊ピルと低用量ピルを同時に購入する場合、最初の1シートのみ、2,000円(カウンセリング込)となります。(通常、カウンセリング料1,100円+ピル2,420円)

ピルのオンライン診療

当院ではピルのオンライン診療を行っております。
ご希望の方は下記からご覧ください。

ピル専門外来の流れ(初回)

Step1 ご予約

お電話又はWEBでご予約ください。

Step2 問診票・カウンセリング

初回の方は、必ず問診票をご記入いただきますのでご来院前に問診票をご準備頂けますとスムーズです。

Step3 用法のご説明

患者さんにあったピルの用法について詳しくご説明します。ご不明なことがありましたらお気軽にご相談ください。

Step4 購入・お会計

2回目以降

Step1 ご予約

お電話又はWEBでご予約ください。

Step2 購入・お会計

2回目以降はスムーズに購入いただけますので、忙しい方にも安心してピルを購入いただけます。

TOPへ戻る
tel.06-6125-1250 ピル・レーザー専用 tel.06-6271-5576 WEB予約 WEB問診