診療メニュー

婦人科

性感染症(おりもの、かゆみ)、子宮内膜症(生理痛、生理が多い)、多嚢胞性卵巣(生理不順、生理が来ない、不正出血)、PMS(生理前の不調)、卵巣予備能(妊娠できるかどうか)。 淋病(のど、子宮・膣)、クラミジア(のど、子宮・膣)は不妊症につながります。

おりものの異常

健康な女性の膣内には、乳酸菌の一種(善玉菌)が生息していてこの菌の作用によって膣内が強酸性に保たれて、雑菌や真菌(カンジダなど)が増殖しにくくなっています。おまわりさんのような役目ですね。 ところが、睡眠不足で免疫力が低下したり、抗生剤(ばい菌止め)を飲むことにより膣内の乳酸菌が減ってしまうと、雑菌やカンジダなどの悪玉が増えてしまっておりものの色や量が変わるなどの症状が出てきます。
病気でないおりもの健康な方でも排卵が近づくと、透明な粘液状のおりものが増えますがこれは女性ホルモンの働きによるもので病気ではありません。下着をこまめに取り換えて様子を見てください。
生臭いおりもの水っぽく魚の腐ったような臭いのおりものがたくさん出てきた…これは多くの場合、雑菌の一種で、空気の少ない膣内などに好んで増える菌が増加したことによります。タンポンを使う方はやめてみましょう。 骨盤の冷えている方が繰り返しやすいので、入浴はシャワーですませず、ちゃんとお湯につかりましょう。それでも症状が続く場合には診察を受けてください。
カンジダ(真菌=カビ)によるおりものカッテージチーズあるいは酒かすのような白くパサパサしたおりものが出てきた…しかも痛かゆくてヒリヒリするし、外陰部が真っ赤に腫れている…これは、膣カンジダ症です。症状の出る前に抗生剤を飲んでいませんでしたか? 最近は薬局で膣カンジダ症再発の方を対象とした膣錠を購入できますが、初めての方は医師に診てもらいましょう。膣錠と軟膏で治りますが、疲れて免疫力が低下するとよく再発しますので、しっかり休息してバランスよく食べてください。 膣カンジダ症になった方は、抗生剤(ばい菌止めの飲み薬)を服用するときは医師に相談してください。再発を防ぐための注意点 ・おりものシートは使うならこまめに取り換える ・通気性のよい下着をつける ・排便後にウォシュレットをするときは必ず、肛門をティッシュペーパーできれいにしてから使う ・性行為の前にはシャワーを使うなどして清潔にする などです。
性感染症によるおりものクラミジア感染症、トリコモナス感染症、淋病などの性感染症(性病)でも悪臭のあるおりものが増えます。クラミジア感染症の場合には、おりものに少量の血が混じることもあります。 クラミジアと知らずに治療せず放っておくと、不妊症や流産の原因になりますので早期の治療が大切です。自分だけ治療してもピンポン感染するので、必ずパートナー(泌尿器科)と一緒に治療してください。

外陰部のかゆみ

何科で相談したら良いかわからず、恥ずかしいし…と何年も我慢している方が珍しくありません。
症状
外陰部から肛門にかけて皮膚がかゆく、乾燥したりただれたり、ひどいときにはジュクジュクしたりして眠っている間に引っ掻いてしまうことがよくあります。
原因
生理用ナプキンでかぶれたり、梅雨のころには急激に気温が上がるので下着で蒸れたりして、赤ちゃんのオムツかぶれのように真っ赤になりヒリヒリします。
治療
これは皮膚の炎症ですので、刺激のない石鹸で局所を洗ってうすく軟膏を塗布します。適切に治療すると1週間以内に良くなります。

※ただし、おりものが増えてかゆみのある方は、カンジダ膣炎や性感染症を併発していることもありますので受診してください。

生理のトラブル

生理痛はひたすら我慢するもの…と思い込んでいる方はいませんか。
生理痛
生理痛は多かれ少なかれ誰にもありますが、生理3日目以後でも痛み止めが必要なくらいひどい場合には、子宮内膜症などが隠れていることもあり、治療せずに放置すると不妊症の原因になることもあるので注意が必要です。
10〜20歳代前半の生理痛ごく若い頃の生理痛には、病気がなくても子宮からプロスタグランジンという痛みホルモンが出るために痛むタイプのものがあります。体の成長とともに軽くなることが多いですが、痛みをがまんする必要はなく、鎮痛薬を飲んで腰まわりをしっかり温めることでかなり楽になります。 漢方薬が飲める方は、芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)を生理予定3日前から服用します。
放置すると不妊症になる生理痛生理痛には、子宮内膜症、子宮腺筋症、子宮筋腫などの病気が原因の場合があります。とくに生理痛が年々ひどくなる、生理でなくても痛む、性交痛がある、などの症状のある場合には、子宮内膜症の検査が必要です。 超音波検査・血液検査・MRIなどの診断を行った上で、薬をのむ、手術をするなどの治療方法を決定します。
生理痛の治療あらゆる生理痛には、ピルが効果的です。ピルには色々な種類がありますので、病気の有無やあなたの身体に合うものを選びましょう。 詳しくは、ピル専門外来へ ピルに抵抗がある方は、漢方薬からはじめてもよいです。腰周りやお腹を触ると冷たい女性では、便秘、にきび、生理痛、生理不順はセットになっています。このような方には鍼灸による体質改善が有効です。
生理不順
生理不順にも心配ないものと治療が必要なものがあります。
月2回も来る生理(頻発月経=1ヶ月に2回以上生理が来る)。生理周期が24日以内のことをいいます。思春期(10歳代)や更年期(40歳代)によく見られます。
生理が不定期(稀発月経=数ヶ月に1回しか生理が来ない)。生理周期が30日以上60日以内です。排卵していない場合(無排卵性稀発月経)と排卵している場合(排卵性稀発月経)があります。
無排卵性稀発(きはつ)月経排卵のない10歳代、40歳後半以降では年齢相応であるので病気ではありません。それに対して20〜40歳代では、(1)原因不明、(2)ストレス、(3)ホルモン異常、(4)摂食障害(急激な体重減少や体重増加)、(5)精神科や胃腸の薬の副作用、などがあります。原因を調べてもらいましょう。 まず、基礎体温をつけて血液中のホルモンを検査します。無排卵のまま何ヶ月も放置すると不妊症につながるので、必ず継続的な治療を受けましょう。
排卵性稀発月経卵胞期(生理がはじまってから排卵までの期間)が長い。 これはホルモンバランスの異常によりおこります。すぐに妊娠希望でなければ基礎体温をつけて漢方薬などで経過をみます。
生理が来ない(続発性無月経=それまであった生理が3ヶ月以上来ない)。 妊娠以外の原因としては、(1)脳に原因があるもの(視床下部、脳下垂体)、(2)過激なダイエット、ストレス、激しいスポーツ、(3)精神疾患や精神科・胃腸の薬、(4)脳腫瘍が原因の高プロラクチン血症、甲状腺や副腎皮質の異常、(5)感染症による子宮内膜の炎症や癒着、などがあります。 生理が来ないまま何ヶ月も何年も放置すると、子宮が小さくなって不妊の原因になりますので必ず治療を受けましょう。
生理不順の方に多い多嚢胞性卵巣(たのうほうせいらんそう)症候群(PCOS)稀発月経、頻発月経、不正出血の原因となっていることが多い病気です。女性の10人に1人はこの病気を持っているというデータもありますが、自覚のない方も多いです。生理トラブルの他、にきび、多毛、肥満などの症状が出ます。 不妊症の原因になることもありますので、一度は病院で診断を受けましょう。

不正出血

生理以外の出血を不正出血といいます。
心配のない不正出血10〜20歳代前半女性の不正出血は、排卵にともなうものやホルモンのアンバランスによるものなどあまり心配せずに様子を見てよいものが多いです。基礎体温をつけて受診してください。
治療の必要な不正出血20〜40歳代の性的にアクティブな女性の不正出血では、クラミジア感染症(性感染症)や子宮頸がんなどが出血の原因のことがありますので、必ず検査をしましょう。
更年期と子宮がん世代の不正出血40歳代後半女性の不正出血は、更年期を迎えるホルモン不調のことが多いですが、子宮頸がん、子宮体がんも出る年齢ですから必ずがん検診を受けてください。
必ず検査の必要な不正出血閉経後女性の不正出血は、子宮体がんをまず考えてがん検出に全力を注ぎます。

月経前症候群(PMS)

生理前に体調不良を訴える方は少なくありません。
生理前の不調生理前2週間(黄体期)に、痛み系(腹痛、頭痛、乳房痛)、メンタル系(イライラ、うつ傾向、怒り)、嗜好変化(甘いものが欲しくなる)、などの不調を8割以上の女性が経験します。 このような症状により日常生活に支障をきたす場合、それをPMSと言って治療の対象になります。
治療法体質改善から始めたい方には漢方薬を処方します。即効性を求める方には低用量ピルをお勧めします。 メンタルの症状が前に出ていて、とくに攻撃的になったり気分の落ち込みが激しい方には抗うつ薬を生理前の2週間にのむ方法もあります。 ご自分に合った治療法を主治医と相談して決めてください。

妊娠できるかどうか

今すぐの予定はないけれど、いつか、母になりたい、そのための身体のコンディションを整えておきたいという方は多いです。大部分の方は、基礎的な検査をして異常がないことを知るだけでも大きな安心につながります。
漠然とした不安を取り除くためにできること何はともあれ一人で悩まず受診してください。まず、1ヶ月くらい基礎体温表をつけて血液検査(ホルモン)、子宮・卵巣の超音波検査を行って妊娠基礎力(排卵の有無等)をチェックしましょう。 身体とくに骨盤の冷えている方は、無排卵症、生理痛、生理不順のことも多いので、必要に応じてアキュパンクチュア(美容鍼)や漢方薬、ピルなどの処方をすることもあります。
料金一覧
項目 料金
一般婦人科 3,000円〜(健康保険可)
ご予約・お問い合わせ
  • Englishpage
診療時間案内
月,火,木,金
10:00〜13:00(最終受付)
16:00〜19:00(最終受付)

10:00〜13:00(最終受付)、自費診療~15:00

水,日,祝   休診
※水曜は原則休診ですが週により診療する
場合もあります。詳しくは左の“お知らせ”の
【毎月の休診日】をご確認ください。
アクセス
大阪府大阪市中央区本町3丁目5番2号
辰野本町ビル2階

地下鉄御堂筋線3番出入口(御堂筋本町ビル西側口)より本町通沿いの、1階が「三菱東京UFJ銀行」のビルの2階です。

  • Dr.ラ・クォールが教えるピルのギモン・質問・お悩み解決
このページのトップへ